スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Winds of God

今日は、マヤ暦で世界が終わる日だなんて言われている日だっけ?

Suzyは、18年前にチチェン・イッツァに夫と行った。
ピラミッドに観光客が上れた最後の年だったよ。

さて、まだ世界は終わらない
Suzyの子育ても、仕事も、家事もまだ終わらない


今日はシアター青芸のThe Winds of Godを観てきました。

現代の売れないお笑い芸人が交通事故が原因で昭和20年の特攻部隊にタイムスリップする話です。

命の尊さ、輪廻観、戦争と平和・・・。



輪廻って話では、(息子はこの話をすると記憶がないからと言って嫌がりますが)幼い頃息子が、自分の前世の名を語ったことがありました。
「アルベルトが、この○○君(息子の自分の名)の体に入ったらこんな声になっちゃってすごく驚いたんだ」だそうです。

息子の前世の名前はアルベルトだったそうです。

そういえば、カンクーンからチチェン・イッツァまでのツアーガイドのおじさんの名前がアルベルトだった。
(前年度に来た巨大ハリケーンの名前がアルバート(英語読み)でスペイン語読みがアルベルトだったからからかわれたって話を聞いて覚えている)

「アルベルト」って名はスペイン語かドイツ語読みで英語の発音はアルバートだ。
つまり息子の前世は英語圏の人間でなかったって事から英語が苦手ってことはちょっと納得できるかも?
じゃあ、前世の名残があったら、スペイン語かドイツ語(・・・ラテン系とゲルマン系の言語で間が英語って感じだけど)は得意だったりするのかな?

なにはともあれ、今夜で世界は終わらず、明日は通知票がやってくる。
スポンサーサイト

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

わからないけど・・・。

不思議な世界ですよねぇ・・・。e-263

輪廻転生は本当にあるのか?と問われると 正直 わかりませんとしか答えようがないですが・・・。
わからないからと完全に否定する気もなくて・・・。e-441
どこかで あってほしいなぁと思っています。

私の母 癌で13年前に他界しました。
転生しててもいいから 母にあってみたいです。

The Winds of God そういえばNYでも公演されたんじゃなかったでしたっけ?

ニュースで流れる度に見てみたいなぁと思っていました。
コワモテの俳優さんが演じてらしたような・・・。

恐怖の冬休みが 始まりますね。
最近の通知表 かなりわかりずらい気がしてなりません・・・。
ちなみに このへんは2学期制なので 穏やかな(現実逃避?)お正月が迎えられそうです。

あと・・・。
おかげさまで 長男 あの日から毎晩英語の勉強をするようになりました。
今日もさっきまで 頑張っていました。
本当にありがとうございました。e-266

Re: アンパンウーマン様

The Winds of God は大変に良かったです。笑えて、ほろりと来て、切なく涙が浮かぶ作品でした。

輪廻はあるかないか死んだら分かります。結論は、その時まで楽しみにとっておくのも良いでしょう。

息子は胎内記憶や、その前の記憶らしいことも語る子でした。
3歳くらいにやたらと話していましたが、5歳になったら忘れていました。
私は胎内記憶とか不思議な似通った事を言う子供がいるってことを後になって本で知りました。
子供は母親を選んで生まれて来るそうです。
これは息子も言っていました。
アンさんは3人の子供さんに選ばれて羨ましいです。

知人のだんなさんは、子供の頃に、「あ・・・これは今回のこの体の記憶じゃないんだよね」って記憶があって子供心に自分でふと思い出したことをそう納得していたそうです。その記憶のかけらももはやないそうですが・・・。
長男さん、がんばれ!

The winds of godsは、俳優の今井雅之さんが脚本を書いて、アニキ役をライフワークとしてやっている作品だよ
吉本の芸人をキンタにして(陣内智則とか宮川ダイスケとかなだぎたけしとか)毎年やっているらしい
シアター青芸は今井さんから「中高生向けになら上演してもよい」との許可をもらってやっているらしい
でも、原作は最後の病院のシーンはないらしい
それは悲しすぎると思う

今日はあなたがうまれるまでを見に行ったから、胎内記憶とか言われると変な感じ!

Re: てんちゃん 様

コメントありがとう。

さすがにへその緒で縄跳びはされませんでしたが、息子には思い切りいつも蹴られていました。
3歳の頃の息子も覚えていて手足を動かすとおなかのお肉がむにむにして楽しかったそうです。

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。