さくらんぼ


sakurannbo2017.jpg

家から仕事場(実家)まで3分。
途中、一軒の家の庭先に桜の木がある。
その家には、おじいさんが一人暮らしをしている。
桜の種類は知らないが、
ゴールデンウィークの頃に宝石のようなさくらんぼを実らせる。
宝石は最高の輝きを見せると翌日には一粒も残らない。
小鳥のレストランなのだ。
毎年写真を撮りそびれる。
「明日は最高にきれいだ」と思うと朝のうちに小鳥に食べられてしまうのだ。

おじいさんの家の庭先に中年の女性の姿があった。
「きれいですね。明日には鳥に食べられてしまうんですよ」と声をかけた。
「人間が食べてもおいしいのかしらね」と私が話を続けたら、
「私は、訪問看護に来ているのです」とちょっと慌てて答えて、
一枝手折ってくださった。



甘酸っぱかったよ。

おじいさんも食べたかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絵になりそうなお話だね。

ピカピカ・つやつやのサクランボは、
写真に撮っても、絵に描いても サマになるね。
宝石みたいだ。。。

Re: アイハート さま

本当にきれいなんですよ~。
食べている小鳥はほとんどがムクドリであまり絵になりませんが・・・・・・。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR