スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金

正月に、地元の国立大学で学ぶ大変優秀な女子大学院生さんが、
教育ローンを自分で組んで学んでいるという話を姉から聞いた。
卒業後40歳まで月5万円返済していくことになるそうだ。

夫は返済不要な奨学金と返済が必要な奨学金を頂いて大学院まで出たという。
ゼミの教授に「お金が必要でしょう」と学術論文の翻訳のアルバイトを貰ったり、
家庭教師をして生活をしていたという。
博士課程まで進むように勧められたけれど、稼ぐことを選んで就職したという。
結婚した時もまだ奨学金の返済は残っていて、私が仕事の合間に郵便局に振り込みに行ったことを覚えている。

高校二年生から理系、文系に分かれて学習する息子は迷わず理系選択をした。
そこまでしか決まらない目標に苛々している様子だ。
偏差値の高い大学に進学して、大手メーカーの研究所に就職すれば安定した人生が送れる可能性が高かった時代は過ぎた。
私たち夫婦がどう息子にアドバイスをすべきか分からない。
分からないけどこれだけは言える「勉強はしていたほうが絶対に良い。」

大きなものを背負って社会に出ることになるあの女子大学院生さんの未来が努力の報われるものであることを思わず初詣で祈った。

明日は成人式。

10年先を想像するのは容易でないかもしれない。
けれど、4年先の成人式での自分を想像して何をすべきか考えてみなさいな。

苛々している(かる~く)反抗期息子に言った。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

奨学金

うちも その事で真剣に悩みました。
奨学金って よくよく調べないと 借りる先が「奨学金」と銘打っていても 内容を聞けば 他の住宅ローンなんかよりも利子が高いとかあって・・・。

勉強しておくことの大切さもありつつ・・・。
何が起きるかわからない 明日も十年後も健康で正社員で働けているか わからない・・・。
もし 正写真になれなかったら・・・。
心や身体を壊してしまったら・・・。

今 正社員になれず 奨学金が返済できず自己破産している若者が 増えていると聞いた事もあって・・・。

勉強したい子が 経済的な心配をしないですむ社会を作ってほしいと・・・。
一億総活躍社会を目指す 総理に切実にお願いしたいと強く願う私です。

Re: アンパンウーマン(MGかーさん) さま

息子の学校には、お医者様のご子息や大変裕福な家のご子息がいて、海外にある別荘の自慢話やお年玉を107万円貰ったなんて話を聞くそうで、嫌になると息子が言っています。大人でもそういう自慢話は鼻につきますよね。
サラリーマン家庭で育ってサラリーマンと結婚して、(アンさんはご存知の通り、色々と苦労している)我が家ですが、どうにか大学までは学費を出してあげる。それ以上は自分でやってと息子に頼んでいます。

国には国立大学まで学費を無料にしてもらいたいって思います。
お金がなくても志が高い若者を育てることが今の日本を強くすると思うのですが。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。