秋の夕暮れ時は

10月と11月は私が一番好きな月。
だけれど、秋の夕暮れ時は、息子の中学受験の記憶がよみがえる。
気温とともに下がる息子の偏差値。
恋い焦がれる(志望)男子(校)が遠く感じた。

去年は、始めたばかりのレインボールームが楽しくて楽しくて辛い事を思い出さなかったのだが、
今年は、加速する老眼ものつくりのスランプ状態に加えて、
友だちのご子息が6年生の受験生で、
「また、クラス落ちた~」
「これ以上下がるところない」なんて聞くと、思い出すんだよ。やっぱりね。

中学受験も高校受験も大学受験も受験の当日までに間に合えば良いのだから、頑張って!
頑張ろう!私も!(今年は高校受験生が教室にいる)

「リトルフットほどいいやつなんでいないからね!」と犬を新しく飼うことに否定的だった息子が、
じわじわと犬を欲しがり始めた。
理由は、中間考査勉強。
気分転換に外に出る理由が欲しいのだ。

リトルフットが生まれ変わって来ないかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

なかなかね・・・リトルくんみたいな子に巡り合うかな。。。

良く言うじゃない、再婚するとき、、、
「生き別れ(離婚)は良いけど、死に別れはダメだって。

死んだ人は、良い思い出ばっかり残っていて。。。
(別れた人は)嫌な思い出ばっかりだから、再婚しても可愛がってもらえるよ。って言うよね。

あらら、、、、随分話が違っちゃったね。

うちの孫は受験生で、、毎日塾通い。
英語が好きだから、助かるわ。

Re: アイハートブレイン さま

そうなのですよ~。どんどんリトルフットが私達の中で、良い子になっていく。

私が初めて飼った犬で、不慣れなことも多かったから、次の子はもっと上手に育ててあげられるかな?なんて思ったり・・・・。

ご縁があると良いなぁ。

お孫さん、英語好きなんて!羨ましい。息子にもっと小さい時から英語教育をしたかったのですが、5歳までまともに日本語も離さないような子だったので・・・・。

REINCARNATION

日本語だと「転生」でしょうか。

悲しい記憶は昇華して、美しく生まれ変わってゆくとも聞きます。
これも一つのREINCARNATIONではないかと。
肉体という器がなくなった魂は、案外身近なところから
優しかった家族を見守っているのかもしれませんね。

個人的には、
REINCARNATION=ユーミン
であり、一番感性が豊かだったころ
ストレートに心にしみ入ったアルバム。

初出の1983年、楽曲まだまだLPで
今みたくちょちょ、っとダウンロードなんて
時代じゃなかった。
世知辛い現代からちょっとだけ
ブレーキ踏んでみたくなります。

Re: カミオかんでぇ様

レコード屋さんで、ジャケットを見て選ぶ。
歌詞カードや写真を手に取って楽しむ。
レコードの帯すら宝物でしたね。
紙が黄ばんでいくと共に思い出もちょっと美化されていく。
普段開けない机の引き出しから、黄ばんだ本の帯や映画の半券なんて出てくると「美しくなった」記憶がよみがえります。

PCは、そんな記憶の作り方を人に教えないかもしれませんね。

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR