寄付

リトルフットの治療食の残りが少しだったが、
破棄するより必要な子にあげられたらと考えて、
神奈川県内の犬の保護団体にお送りした。
お礼を載せてくださった。

いくつか団体のホームページを拝見して、
会計報告などしっかりしている印象の良い団体を選んだ。

たくさんの犬が捨てられていることに胸が痛む。
殺処分を避ける為に取り組んでいるボランティアさんの努力に感心する。

ただ、自分が正義だと(確かに犬の命を守ろうとしていることは正しいけれど)主張と発言が恐ろしい団体もあった。


なるべく考えないようにしているのだけれど、
リトルフットがいないことが寂しい。

後悔ばかりが浮かんで悲しくなる。
感情的に考えていくと涙がボロボロ出てきて一人で布団にもぐって泣いている。

冷静になると、
あの時はこう考えて家族で話し合ってこういう方法をとったんだよね・・・・・・と
思い出して、しっかり考えて決めたのだからと思うのだが、正解はない

春に塾の生徒のことで悩んでいた時に義理の兄が、
「正解って、今はないんだよ。納得解って言うのがあるんだよ」と
藤原和博さんの言葉を教えてくれた。


家に居るとリトルフットの気配がする。
私が泣いているより、
リトルは良い子だったねぇ
面白いことしてくれたねぇ
・・・・と幸せな思い出を語っているほうが彼も喜ぶのだと思う。

リトルフットが生まれ変わってまたうちに来てくれないかなぁと思ったり、
犬はもう飼えないと思ったり。

保護犬を譲り受けようかと考えたり、
介助犬のキャリアチェンジドッグを譲り受けたいと思ったり、
やっぱり、犬はもう飼えないと思ったり。

犬を飼うなら、また、これから10年から15年の時間を過ごすのだから、
その間、家族がどう変化していくのか、
自分が年齢的に経済的に世話できる犬は何なのか、
考えたりするの。

息子がどんどん成長して手がかからないからね。
今日から剣道の合宿に行ったが、全部自分で準備して行ったしね。
ありがたいけど、ちょっと寂しいのよね。

とりあえず、また、犬を飼うと医療費がかかることがあるから、
本の原稿料は「もしも犬を飼うことがあるのなら貯金」にしようってことにした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

心を全開にしていると、突然(奇跡)が起こる時が来るかもしれませんよ。
飼うか飼わないかを考えるより、飼わざるを得ない状況が来たりしてね。

それに、リトルくんが(良い子)だったりすると、次に来た子と比較したりしてね。。「あの子に比べて、、、あんたは。。」って。

よく、人間でも(再婚)は、生き別れに限るって言うでしょ?
(死に別れ)の後だと、いつも比較されるんだって。
(したことが無いから、わからないんだけどね)

リトルくん、、、おやすみ~。

Re: アイハートブレイン さま

こんにちは~。
今日も暑いです!

姉もね~言うんですよ。「(犬なんて)来るときは来ちゃうんだから」って。

息子が合宿に行って静かです。
食事のメニューに肉とかボリュームとか考えないで、野菜料理で済ませちゃえて楽。

なるほど、そういう団体に寄付っていう手もあるんですね。今まで何度か「使いかけだけどもらって」とフードやおやつもらいました。まだアディーは元気ですが、おやつをまとめ買いする時急に要らなくなったりしてとか考えます。
もう犬は飼わない人、やっぱり飼い始めちゃった人、それぞれです。ほんと自分の年齢・体力考えますね。仔犬のお世話はもう無理かな~。

Re: hiyocoさま

姉のところには白柴がいるので姉にあげても良かったのですが、治療食だったので、治療食が必要な子がいる場所のほうが良いかと考えました。

アディーちゃん、元気だね~!!!!羨ましいです。

本当に、自分の人生のこれからの10年から15年を考えますよ。人間の子供はだいぶ育ってくれたので、これから私自身がどうしようかですね~。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と子育てと介助に追われる英語塾講師/ビーズ・デザイナーです。
ビーズ・ビルダー仲間募集中。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR