わすれないは

軽羹の賞味期限が今日だ。
昨日、おやつに頂こうとしたら、
息子が「リトルに頂いたものだから、ギリギリまであげておこうよ」って。
今日のおやつは軽羹だ

karukan1.jpg


今日は私たち夫婦の結婚記念日だ。
22年前の今日は選挙だった。
忘れ7(な)1(い)8(は)、統一地方選挙」だかのキャッチフレーズがあった。

夫は「これで忘れない」と言っていたが、毎年忘れて私の怒りを買う

プレゼントやディナーはあれば嬉しいが、なくてもいいんだよ。
覚えていてくれて、日ごろの苦労をねぎらう言葉を掛けてほしいのだが、
毎年、忘れている。
今年も忘れていた。

もう、今年は許してやらない

腹が立つので、自分の稼ぎ(頂いた金券が沢山ある)で買い物に行って、
自分をねぎらいます。

sunflower15.jpg

毎年リトルフットと見たヒマワリが咲き始めた。

一日に何度か恐ろしい程の後悔と悲しみが襲ってくる。
近所のペットショップの前を買い物帰りに通りかけた時、
しゃがみこんで泣きたくなった。
でも、しゃがまなかった。
足も止めなかった。
涙も流すまいと耐えて歩いた。
夕食と息子のお弁当(明日から夏期講習と稽古)の食材と
「夏休み自由研究広場」の材料を腕に下げて黙々と家路を急いだ。

あのコメ不足になった冷夏から22年。
嘆いて暮らすには人生は短すぎる。


スポンサーサイト

テーマ : 今日のしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

兄ちゃんは、やっぱり・・・優しいや。
お母ちゃんは、、、現実的だ~。(それもいい!)

(感動する心や、悲しむ心)を忘れた人の事を、、人は(老人)と呼びます。

・・・。

大切な愛おしい存在が目の前から去って行く・・・。
そういう時間を重ねて・・・。
時が悲しみを和らげてくれるのを じっと待つしかないのかもしれませんよね。

周囲の人が どんなにすごいと思っても 後悔の波は去ってくれない事の方が多い気がします。

愛されて亡くなったフット君・・・。
風にのって 泣いてるSuzyHillさんを抱きしめてあげてね。

私にも翼があればいいのに・・・。
静かにそっと寄り添いたいです。


Re: アイハートブレイン さま

じじい(父)おじさん(夫)オタク男子高校生(息子)の三世代は全く料理の能力がなくて、この三人のための料理が大変何ですぅ。しばしば、料理ってね、台所で始まるんじゃないのよ!何作るか考えて食材を買ってくることから始まるの!って叫びますよ。

Re: アンパンウーマン(MGかーさん) さま

ありがとうございます。
お金も手もかけて、その時はこうすることが良いと考えてしていたことだから、仕方がないのですが、それでも、あの時こうしていたら、まだ一緒に居られたかもと思うと悲しい出のです。

おまけに夫は結婚記念日を今年も忘れていて、寂しいし・・・・・。

1993年7月18日に結婚したんですか?うちは1992年7月11日なのでなんとな~く似てますね。よくこんな梅雨のビミョーな時期に式をやったな~と思います。
取りあえず今年は鎌倉のハンバーガー屋でスマホを見た時「あ、今日結婚記念日だ。忘れてた」と思い出したので合格でした。お祝いとかなくても覚えていてくれると嬉しいです。
Suzyさん怒るなんてかわいいですね!旦那さん、来年こそがんばれー!

Re: hiyocoさま

本当だ!!!ニアミス?うふふふ。

誕生日と結婚記念日は、特別なイベントは不要だけれど、忘れずに居て、ねぎらいの言葉を貰いたいとず~~~~~~っと何十年も頼んでいるのですが、ほぼ毎年忘れられていて私が怒ります。私もいい加減に諦めれば良いのですがね。

そう、「覚えていてくれると嬉しい」のですよ。でも夫の脳みそにそういう機能が装備されていないようです。

こんばんわ。

かるかん・・・・食べた?
美味しかったかな?

Re: アイハートブレイン さま

頂きました~。
素朴な甘みが何とも美味しかったです。

最近は、お菓子は、お皿4枚を用意して、ちゃんとリトルフットにもあげて、それを息子がおかわりに頂いています。
4個ない時は私の物を一度あげてからいただきます。

いつまでそんなことをするか分かりませんが、なにか頂いていて「美味しいね~」って言葉がもれると今まで通り、言葉に反応して目がきらん!とするリトルフットの気配を感じるのです。

私も1993年です!

私は3月でした!

南九州で育ち、鹿児島にも住んでいましたので、軽羹は一番好きなお菓子かも(^-^)
おいしいんですよね~♡
たまーにお取り寄せしたり、デパートの物産展で買ったりして、あの味を懐かしんでいます。
リトルくんもおいしい♡って思ってくれたかな?

Re: しずきん様

美味しかったですよ~e-266
リトルフットは自分の名前の次に「おいしい」って言葉が一番好きだったんじゃないかな。
普段買えないですからね。私も友達に頂いた時くらいしか食べられない貴重なお菓子です。
でも、そういう「貴重さ」って大事ですよね。どこでもなんでも買えるのって便利だけど、風情とか珍しさとかありがたさとか・・無くなって面白みに欠けますよね。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR