スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

People who have known my son

「ブログ読んだよ!おめでとう!」と息子のデビュー戦の記事を読んだサークル仲間に言われた。
おやこ劇場にはエリアがあって、その中に近所とか仲が良いとかといった仲間が集まってサークルに所属する。
(個人会員もいます)

私の所属サークルは人が増えたり減ったりしながら続いている。
メンバーの中には息子が1歳の時からの友達もいる。
彼女が電話口でお祝いを言ってくれたのだ。

「それでね。あの記事読んでさぁ。やっぱり息子くんは真面目なんだなぁと思い出したのよ。」と息子がちっとも進級しなくてもふて腐れることなく水泳教室に通ったことを話し出した。
そうなんだ。そうだった。
息子は一度も教室に行くことを嫌がらず、5年の春に塾が忙しくてやめるまで通って一通り泳げるようになったのだ。ちっとも進級しない息子にいらいらして腐っていたのは恥ずかしながら親の私だ。

彼女に水泳教室のことを思い出させてもらって今の息子のことを「成績が芳しくなくとも真面目にやっているんだからちょっと落ち着いて待とう」と思えるようになったのだ。

そんな風に学校の友達のママ友とは違って長く息子の成長を見て、私の苦労や愚痴を聞いたりしてしてきている人がいることも「おやこ劇場」の良いところだと思う。

サークルのおやこは親も子供達も私には大切な友達だ。

さて、その一人の中2の女子は私の生徒でもある。
英語で良い成績がとれたら、横浜亜熱帯茶館に連れて行ってあげる約束なんだ。
先生だったり、友達のママだったり、ただのおせっかいオバサンだったり、歳の離れた友達だったりするんだよ。
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。