面談

昨日は息子の学校で個人面談。

「良くないけれど、悪くないんです。普通です。」と成績を渡された。

「部活と学習の両立をするためにもう少しがんばるように先生からもおっしゃってくださいな」と私が頼むと
「がんばっていますよ。部活だってまじめにがんばっていて、生活態度もしっかりしています。本人はがんばっていますよ。」と返された。

親の私が欲張りなのかなぁ。
確かに一日も休まず学校に行って、レポートやノート提出、宿題もきちんとやっている。部活だって休まず稽古にでて選手にまで選ばれた。
成績に余裕があって楽に入った中学ではない。補習の招待状が来ていないだけ良いのかもしれない。

「ただ・・・・自分が英語の担当だからって言うんでないですが、英語はもう少しがんばって欲しいかと・・・」の先生のお言葉
思わず、「私だって英語の先生なんです!中高生教えていて、わが子も見ているんですが、いったい私の指導の仕方が悪いのでしょうか?どうしてこんなに出来ないのか私が知りたいです!」って言い返しちゃいました。先生びっくりしていた。
学習の仕方を確認したら、間違いない。
息子もだか生徒も、暗記の過程であと一確認の作業(ここが注意点って自分に言い聞かせながらの暗記)が下手なんだろうなぁ。ただ、こればっかりは本人が心がけないといけないからなぁ。

担任の先生に確認までした手前、期末と学年末の2回のテストでは良い点数をとってもらわないとなぁ。

来年は関係代名詞や完了形も出てくる。ここでつまずいたら恐ろしいことになる。
息子の学校の英語の教科書本当に難しくて3年生の教科書を数年前に初めて塾で指導したときにあまりの長文の内容の難しさに驚いたものだ。
過保護だと思うが息子の英語の指導にもう少し時間を割こうと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR