スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let it go

英語塾の小学6年の女子生徒の願いで「アナと雪の女王」のテーマ曲のSing along な日々を過ごしている。

歌える歌詞は記憶に長く残る。
また、大ヒットしたこの歌をマスターすることは彼女たちの人生の財産になると(ちょっと)大袈裟だが考えて完璧に歌えるようにしなさいと指導中。

歌詞の英単語も辞書を引く訓練に利用。イントネーションも身に着くしね。
(イントネーションは、「名詞」を強く発音する。冠詞、前置詞は小さ目に発音するのが、歌やスピーチ、会話のとりあえずのポイントです。)

私は映画を見ていないのだが、映画のヒットの理由はこの歌のメッセージ性の高さだと聞いている。
日本語のアニメの口の形にまで合わせたという「ありのままで」の訳もなかなか上手いなぁと感心する。(私が子供の頃過ごした東南アジアで放送されていた日本のアニメなんて口が動いていなくてもアテレコが続いていたりしていてひどいもんだった。)
「ありのままの~」の英語、Let it go.って「手放せ。過去の嫌な思い出やしがらみは忘れてしまえ」って意味なんだよね。
それにしても、世の中の人みんな、自分の気持ちを抑えて、無理に良い子でいようとして、そんなにLet it goしたい過去と生きているんだろうか?

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

Suzyさんは映画を見ていないのに、歌はバッチリなんですね!

英語で歌いたい!という小6女子の貴重な第一歩、羨ましいです。動機がないと語学を勉強してもな~と思っているので、息子には英語を習わせていないんですけど、そんなきっかけが転がってこないかしら~と願ってます。

大学では帰国子女だらけ、卒業してからは輸出の仕事で、「子供の頃から英語が身に付いている人はいいな~」と常に英語にコンプレックスを持っていた私なので、迷います。

東南アジアはどちらだったのですか?差し支えなければ。。。

Re: hiyocoさま

マレー半島の先端に住んでいました。もう、30年以上前の事です。日本人学校でしたから英語は堪能ではありませんでしたし、ずっと長期に住んでいる子たちからは遅れて始めた英語学習で初めての英語の試験は赤点採りました。
だから、優秀なわけではなく、できない子の気持ちが分かる先生だと思います。最近、努力しない子が多いので怒鳴りっぱなしですが・・・・・。

こんにちは(^o^)

“ Let it be ”という往年の名曲もありますが、
“ Let it be ”と“ Let it go ”だと、
ニュアンスの違いを感じますよね。

“ Let it go ”のほうが時代状況というか、
メンタル環境が厳しいのかな…と。

Re: *siesta* さま

ご訪問、ありがとうございます。

> “ Let it go ”のほうが時代状況というか、
> メンタル環境が厳しいのかな…と。

そうそう。歌うたびに、これが大ヒットって、そんなにみんな辛いのかなぁって思うのですよ。

逆に「ありのままで」って日本語を英語に訳すと"just the way you are"かなぁって、Billy Joelの声が頭の中を流れ出します。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。