スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テグスは3号で

517yokohama.jpg

締め切りが立て込んでいる。

レシピの校正を昨夜した。

作り上げたビーズ作品が、かっちり出来ずにぐじゅぐじゅするってことありませんか?

私は作品はすべて3号テグスで作っています。
太くハリのある3号のほうが扱い易く作品もかっちり仕上がるからです。

しかしキットは2号テグスを使用となっています。
慣れない方が作っていてテグスがビースを通らなくなることが多いので細めのテグスを使うことを推奨しているのです。

レシピの手順をまもって、テグスをビーズで交差す毎にしっかりと引き締めていけば私のデザインは3号でも作れます。
この「しっかり引き締める」もスワロやガラスビーズですとテグスが切れることもあって力加減が難しいのですが、チェコのFPや丸大・丸小ビースでしたら、めったに切れることはありません。
「ぎゅっぎゅっ」と交差の度にしっかり引き締めてみてください。

あと、テグスの始末について。
テグスを結んで切るとなっています。
これもレシピ上の都合です。
テグスは切らずに来た道を戻るようにビーズをテグスが通る限り戻していくと
より作品がしっかりと硬く丈夫になります。
スポンサーサイト

テーマ : ビーズ・ビルダーズ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。