スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ製のテーブル



どうにか画像を小さく出来たので、
連続投稿。

これがリサイクルショップの店先で私の目を引いたテーブル。
右横にあるのは、懐かしいでしょう。
可愛いでしょう。
足つきのお裁縫箱。
姉の義理の母の形見です。
スポンサーサイト

cupboard

cupboard1.jpg

カメラを持っていくことを忘れてiphoneで撮ったら今度は
ブログに投稿する為に写真を小さくする方法を忘れてしまった。

とりあえず、一枚。
耐震のために固定しないと何も入れられないよ~。

(税金対策)大人の事情があるにしろ部屋を趣味の為に借りるのは
なかなの贅沢だ。
そんでもって、我が家は金持ちではない。
ましてや病人を抱えているのだ。
だからこその贅沢なんだ。
介護をしているとさ、
旅行に行けない。
自由がない。
諦めることは簡単だ。
そしてストレスは溜まり、
いずれ介護をする人間の体力と寿命まで奪うだろう。
制約は多いが、できることはある。
それがこの部屋。

とりあえず2年契約で借りた。

他人様にはガラクタに見えるかもしれない
昭和の人形や食器を姉と並べてお茶を飲みながら眺めるのだ。


神楽荘102号室に家具が入った

どんな家具にしようか?
なんて姉と話していた。

昨日、ホームセンターにアイボリーと一緒に買物に行った。
一枚16kgもある木の板に見えるコンクリートの塊を5枚買って、
(これは自宅の玄関の段差を解消するためのものね)
財布は寂しいし、腕も肩も腰も痛いから、
帰路にあるリサイクルショップは寄らない!と思いながら通りかけたら・・・・・・・・・・・



素敵なテーブルが外に。

見るだけ~と車を停めると・・・・・・・・。

好み。

すごい好み。

店内も物色したら・・・・・・・・・・

好みのcupboard.

お金ないから、無理を言って5000円前金置いてお取り置きをお願いして来た。

テーブルはオランダ製。
カボードはマルニの日本製のとても良い品。

今日、昼前に残金を納めに行った。

そうしたら、午後一番でもう配達してくれた!

姉に受取をお願いしたから写真はまだ撮っていないんだ。

配達したおじさん、「これ、調べたらすごい良い品なんだよ」って
安く売りすぎたと思ったみたいだったらしい。
(ちょっと自分の目利きにもえっへんと良い気分)
そして、昨日買い物をした私と姉が同一人物でないことを信じられなかったそうだ。
ま、無理ない。
双子だもん。

安く良い家具が手に入って本当に嬉しい。

写真を撮るの、楽しみ。

二代目ひょうちゃん


骨董市で見つけたよ。

はらだおさむひょうちゃん


夕方、塾の仕事に行く前に
コーヒーで一呼吸ついて、
今日も仕事頑張ろう。


正直ね~。
夕方からの仕事が辛い。
朝から、頑張っちゃうとエネルギー切れしちゃうから、
時間があっても、(家事以外の)予定は一つにしているんだ。

骨董市でがらく宝物(ガラクタ+宝物)探しを
楽しむためにも頑張らないとね~。


ハンドメイドのお人形

とても丁寧に作られたお人形をリサイクルショップで見つけた。

strallberryshortcake1.jpg

きれいしに刺繍されたお顔。
毛糸の赤毛は縫いとめてあるんだよ。
こんな作り方があるって感動した。

アイボリーがお人形を欲しがるから
全身写真撮影ははまた次回。

神楽荘102号室

いろいろな大人の都合もあいまって、
アトリエ用の部屋を9月から借りることになった。

神楽荘102号室
横浜国立大学の通学路(近道)にある昭和なアパート。

kagurasou817--1.jpg

リクエストしたペンキの色は
高級品だったらしい。

まだ、空っぽだけど
これからこれから。

kakurasou817-21jpg.jpg

お風呂は使わないから植物園のようにしちゃうんだ。
これからこれから。

kakurasou817-31jpg.jpg

キッチンも空っぽ。
これからこれから。

kakurasou817-4.jpg

家具が入っていなくて直置き。
まだまだこれからの楽しみ。

kakurasou817-3.jpg

リサイクルショップで見つけたイギリス製のテーブルクロスが
カーテン代わりにちょうどのサイズだったよ。

長野に訓練に行ってきました


2017814.jpg

苦手な高速道路、ながぁぁぁぁぁいトンネル。
乱視のせいで、トンネルの光に目がジャミジャミ。
トンネルの中はセンターラインだけを見て運転。

私にとってアイボリーの訓練は命がけです。
そして、私達家族にはこの犬と日本聴導犬協会とのご縁は
その努力に値するものです。

頑張っています。

Love Story

1971年の映画、ある愛の詩
原作本を
生徒の一人が夏休みの宿題として持ってきた。

さあ、これがさ、大変なのさ。
英文を解説するだでけなく、
今の子に「恋の駆け引き」の説明をするのがさ。
全く大変なのさ。

歌と映画は知っているが、
映画を見ていない私は先を読みたくてイライラ。

生徒は遅々として良さを理解しない。

あ~なんて宿題なんだ。
ある愛の詩

今月中には
すべてのストーリーを読み終えるだろうから、
きっと私が映画を見ることもないだろう。

それでも歌はやっぱり美しく切なく懐かしい。




私も年を取ったのだ。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。