スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月のバラ

15年最後のバラ

今年最後のエアフロイリッヒはリトルフットに。


スポンサーサイト

月命日

リトルフットが逝ってしまって3ヶ月経った。

腎臓病で食べられなくなったリトルフット。
食いしん坊だったのに。
最期は何でも良いから食べてほしくて、
卵豆腐やプリンをやったりした。
最期の最期に喜んで美味しそうに食べたものが、
文明堂のカステラだった。

だから、先々月も先月もカステラを買って来て供えていた。

今日は、生きている者の世話に忙しくて買いに行けなかった。
「ごめんね。明日買ってくるね。」と思っていたら・・・・・・

文明堂総本店2

修学旅行で長崎に行った男子高校生が、
「お土産だよ」って持って来てくれた。

文明堂総本店1

カステラだよ。
それも文明堂総本店のオリジナル長崎カステラ。
ありがとうM君!



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

寄付

リトルフットの治療食の残りが少しだったが、
破棄するより必要な子にあげられたらと考えて、
神奈川県内の犬の保護団体にお送りした。
お礼を載せてくださった。

いくつか団体のホームページを拝見して、
会計報告などしっかりしている印象の良い団体を選んだ。

たくさんの犬が捨てられていることに胸が痛む。
殺処分を避ける為に取り組んでいるボランティアさんの努力に感心する。

ただ、自分が正義だと(確かに犬の命を守ろうとしていることは正しいけれど)主張と発言が恐ろしい団体もあった。


なるべく考えないようにしているのだけれど、
リトルフットがいないことが寂しい。

後悔ばかりが浮かんで悲しくなる。
感情的に考えていくと涙がボロボロ出てきて一人で布団にもぐって泣いている。

冷静になると、
あの時はこう考えて家族で話し合ってこういう方法をとったんだよね・・・・・・と
思い出して、しっかり考えて決めたのだからと思うのだが、正解はない

春に塾の生徒のことで悩んでいた時に義理の兄が、
「正解って、今はないんだよ。納得解って言うのがあるんだよ」と
藤原和博さんの言葉を教えてくれた。


家に居るとリトルフットの気配がする。
私が泣いているより、
リトルは良い子だったねぇ
面白いことしてくれたねぇ
・・・・と幸せな思い出を語っているほうが彼も喜ぶのだと思う。

リトルフットが生まれ変わってまたうちに来てくれないかなぁと思ったり、
犬はもう飼えないと思ったり。

保護犬を譲り受けようかと考えたり、
介助犬のキャリアチェンジドッグを譲り受けたいと思ったり、
やっぱり、犬はもう飼えないと思ったり。

犬を飼うなら、また、これから10年から15年の時間を過ごすのだから、
その間、家族がどう変化していくのか、
自分が年齢的に経済的に世話できる犬は何なのか、
考えたりするの。

息子がどんどん成長して手がかからないからね。
今日から剣道の合宿に行ったが、全部自分で準備して行ったしね。
ありがたいけど、ちょっと寂しいのよね。

とりあえず、また、犬を飼うと医療費がかかることがあるから、
本の原稿料は「もしも犬を飼うことがあるのなら貯金」にしようってことにした。




会いたかったなぁって

英語塾に5年通って来ていた卒業生が、久しぶりに連絡してきた。
リトルフットが亡くなったことを伝えたら、
「リトちゃんに会いたかったなぁ」ってお花とおやつを贈ってくれた。

fromnoriko1.jpg

もともと、気の利く優しい娘だったが、
素敵な男性と出会って、秋にはお嫁さんになるのだそうだ。
悲しいことと同じくらい、嬉しい事も起きるね。

fromnoriko2.jpg

こんな祭壇ができちゃうなんて、
リトルフットは御犬様だねぇ。

コメント、メール、電話をありがとうございます。
とても励まされました。

こうして、ブログに記録を残していくことも、
私には気持ちの整理をつける大切な作業になっています。

もう少し、犬の看病や介護をしている人の役に立つことも
書くことができたらと思っています。

このよろずブログには、
私のビーズ作品のファンだと言ってくださる方もいらっしゃるのに、
最近はご期待に添える仕事ができていません。

作りたいかっこいいビーズ作品はいくつも浮かんでいるので、
夏の工作企画が終わったら、本腰を入れて頑張ります。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

動物病院から

リトルの祭壇

リトルフットが9年2ヶ月お世話になった動物病院からお花が届いた。


ギャルソンエプロンをしたかっこいいお兄さんが花を届けてくれたが、
我が家の玄関先に給仕人(にしか見えない)が立っている光景は滑稽だった。
若いお兄さんは、カードとお悔やみ花から、想像はしていたかもしれないが、
出てきた髪の毛バサバサで泣きはらしたおばさんに面食らったかもしれない。

okuyamicard.jpg

リトルフットが最期に喜んで食べたものが
文明堂のカステラだってブログで読んだ友達が、
文明堂のカステラをお供えに持ってきてくれた。
ありがとう。

kasuretaseal.jpg

お供え用はシールが金色じゃなくて青で、
裏の合わせが反対になっているんだって。
日本人ってきめ細やかな感性をしているね。
改めて思った。


給仕人スタイルの花屋に笑えた私はもう大丈夫です。


まだ、一日に5回くらい鼻がツンとして涙がジワリと出てくるけど、
犬って飼い主の気持ちを読み取るから、
私がめそめそしているとリトルフットまで寂しくなるよね。


家の中で色々破壊活動を進めている困った人がいて、
勉強不足でマジにやばそうな人もいて、
暑い夏休みもやってくる。

やらないといけないことがたくさんあるのよ。

さあ、がんばろう。

さあ、リトルフット、おいで。
かったるい動かない体を脱ぎ捨てた君は、
いつだってどこにでもおかあしゃんのそばに居られる。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。