スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格祈願スナック菓子


合格祈願スナック

神奈川県・東京都の中学受験が今日からスタート。
今週の天気予報は曇りのち晴れ。
雪に慣れない首都圏は雪の中、冷たい雨の中、中学受験に向かうのは大変。
天気が悪くないのは良かった。

4年前の息子の受験の時、電車の中で朝日を見た。
風邪をひかず、インフルエンザにも罹らず、
試験会場に向かえることがまずは嬉しかった。

講堂から試験会場に向かう息子は振り向くことなく
引率の先生に従って受験生の列に並んで行った。
その光景は息子が一つ成長した瞬間の記憶だ。


スーパーで色々見て回って友達の息子さんに差し入れをした。
ストレスマックスになっていそうな友達には、
別に彼女の好物のチョコレートを添えた。

もう一息。

Good luck!



スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

秋の夕暮れ時は

10月と11月は私が一番好きな月。
だけれど、秋の夕暮れ時は、息子の中学受験の記憶がよみがえる。
気温とともに下がる息子の偏差値。
恋い焦がれる(志望)男子(校)が遠く感じた。

去年は、始めたばかりのレインボールームが楽しくて楽しくて辛い事を思い出さなかったのだが、
今年は、加速する老眼ものつくりのスランプ状態に加えて、
友だちのご子息が6年生の受験生で、
「また、クラス落ちた~」
「これ以上下がるところない」なんて聞くと、思い出すんだよ。やっぱりね。

中学受験も高校受験も大学受験も受験の当日までに間に合えば良いのだから、頑張って!
頑張ろう!私も!(今年は高校受験生が教室にいる)

「リトルフットほどいいやつなんでいないからね!」と犬を新しく飼うことに否定的だった息子が、
じわじわと犬を欲しがり始めた。
理由は、中間考査勉強。
気分転換に外に出る理由が欲しいのだ。

リトルフットが生まれ変わって来ないかなぁ。

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

中学受験:stone mark

prefami.jpg

2011年12月23日早朝5時に
中学受験に向けて我が家は最前線の戦闘態勢に入った。

なんでだろう、
もう、
終わったことなのに、
気温が下がってくるとあの日々が寒さが骨にしみるように思い出される。
それだけ中学受験は母親の人生にも大きな標石になるものなんだと思う。

お誘いにのって書いた体験記を採用して頂いた。

クリスマスも正月もなかったなぁ。

今日はビーフシチューが鍋でコトコトいっている。
今日のノルマの宿題を終えた息子がPSPで遊んでいる。
最前線戦闘中(?)なんだか音がもれて聞こえる。

中学受験の皆さん、お母様、風邪をひきませんように。
今、ビーズは「受験のお守り」を依頼いただいてデザインしています。
2014年受験には間に合わないけれど、
2015年受験には間に合うように採用して頂けるように頑張っています。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

文化祭梯子

母友達には中2の息子さんと小4の息子さんがいる。

下の息子さんの母友達と一日で3校の中高一貫校の文化祭をはしごしたそうだ。

文化祭での生徒の様子ってやっぱりカラーがあるらしい。

文化祭を一日に3校はしごするって母のガッツ・・・・・すごいなぁ。私はできなかったなぁ。


息子は友達の学校の文化祭に今日行く予定だったが台風18号で中止になってしまってがっかりしています。
小学校の頃の友達に会いたいらしい。
帰宅時間が遅くて早い時間にはいけないのだけれど、犬の散歩に行くと友達がいないかと探すらしい。
ふて腐っているのかと思ったら、一人でモンハン大会やっています。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

家庭はトイレ・・・


土曜日に、息子がきっつたない(汚い)上履きを出してきて洗い始めた。
ちゃんと持って帰って来ていたんだぁと感心した。
(こんなことで感心している)
「(汚れが)おちねぇ」と40分くらい上履きと息子が格闘していた。


shinajyogirl.jpg

日曜日に、初めて新しい渋谷駅に行った。
横浜で電車に乗ったところから、もう迷った。
特急川越行きに乗って日吉で会う友達にメールしたら、
「特急は日吉で停まらないよ!」と言われてあわてて各停に乗り換えた。

乗り換えた電車は新宿三丁目行き。
・・・これから「地獄の二丁目の鳥居りんこさんの講演会」に行くのに・・・
三丁目・・・・。そういえば一緒に行こうって友達を誘ったら、
「ねぇ。地獄って何丁目まであるのかしらね」って不吉なことを彼女がつぶやいたな。

講演会は、芝学園の武藤先生のお話とりんこさんのお話。
りんこさんのお話は著書の「中学に入ってどうよ!?」から。
りんこさんの本の内容は
成績不振の私立中学生の生態を知っておくのに大変に有効です。

武藤先生のお話は面白かったです。
笑えたし泣けたし愛情いっぱいで厳しいこともおっしゃっていた。
(子供が)自分からやろうと思わないと出来ないのが勉強だ。
(朝一人で起きる。食事の仕方)生活がしっかり出来ていない子は勉強は出来ない。
ちょっと母親がヌケているくらいのほうが子供もしっかりする。
出来ない子にもプライドはある。つぶしちゃいけない。
などなど・・・。

先日も書いたが、息子を見守ろうと決めた私。
この決心は正しいんだよね。と確信できた。
あとは私が口を出さず辛抱できるかだねぇ。

武藤先生がおっしゃっていた。
学校は、まず、楽しい場所でなければいけない。
家庭は、ほっとくつろげる場所でなければいけない。
トイレみたいなもの。トイレ、ほっとするでしょ。

shibaboy.jpg

中学受験の苦労が地獄の一丁目なら、
反抗期が始まって成績不振になる中学時代が地獄の二丁目。

まだ実感のない私は面白おかしく楽しく過ごした。
帰り際にりんこさんに本にサインを頂いた。
待っている間に隣にいたお母様たちのお話を小耳に挟んだ。
「中学校の頃は子供二人とも成績悪くなかったの、良いほうだったの
それが、高校に入ってから二人とも・・・・」

地獄に三丁目も四丁目もあるって確信したよ。


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。