母親のための男子校ルール12

母親のための男子校ルール12

息子の部活は応援すべし。


試合で声援を上げに行っても、行かなくても良い
差し入れを持って行っても、持って行かなくても良い
親が頑張って出て行かなくても良い。ただ、部活は続けさせてあげようよ
そう思う。

体育系部活は練習の時間が多い。
試合応援や会場設営手伝いにも日曜にまで出かけて行くと、
「いつ宿題するの?」
「いつ試験勉強するの?」
本気で心配になる。
「忙しくて時間がない」が、いい訳でないと親も思うくらい忙しい
でもね、
勉強は本気でやろうと思えば電車の中でも、試合会場でもできるからね

「成績が下がったから、親が部活を辞めさせたというケースで成績が上がったことはありません。」
息子の一年の時の担任の先生がおっしゃっていた。

親が応援していても、親には分からない悩みや人間関係とか考え方の違いで子供が辞めてしまう場合もモチロンある。
親が一生懸命に見守り、応援していても上手くいかないことも残念ながらあるけどね。
最近、成績が悪いからって部活を辞めさせられたって子の話を耳にしたものだからね。

部活が忙しくて、勉強する時間も少ない程だから、部活外で友達を友好を深める時間ってなかなかないんだよ
(勿論、社交的な子でガール・フレンドまでいる子もいるだろうが、大半の男子校男子ってシャイだよね)
息子も甥っ子も姪っ子もたまに遊びに行く友達は部活の友達だ。

自ら勉強したいから、部活を辞めるという立派な子もいるだろう。
でもね、
部活は部活だけじゃない。「居場所」でもあるんだよ。

スポンサーサイト

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

母親のための男子校ルール11

母親のための男子校ルール11: 手を放す覚悟 言わない辛抱

勉強しなくても、
スマホやゲームばかりやっていても、
お弁当箱を出さなくても、
自分で起きられなくても・・・・・・

(いじめや犯罪でなければ)手も口も出さない辛抱が母親に必要になる。

8年前に英語塾を卒業した中高一貫校生のユータ君の話だ。
「中3になったら、母が朝起こしてくれなくなった。文句言っても、自分で起きなさいって起こしてくれなかった。
何度も寝坊して遅刻したけど、そのうち自分で起きられるようになった。
母は僕が寝坊しても新聞を読んでいたり、洗濯をしていたり・・・・・文句言っても仕方ないから文句も言わなくなった。
そのうち、お弁当も作ってくれなくて、自分でご飯詰めて肉焼いて持って行った。」

ユータ君の中3の時の話を彼が高3になってから聞いた。

「えらいね。君のお母さん。なかなかできることじゃないよ。
手も口をも出さない辛抱をするより、やってあげてしまうことのほうがずっと楽だよ。
お弁当だって、ご飯は炊けていて、すぐに焼けるように肉が冷蔵庫に入っていたんでしょ。
お母さん、用意していてくれたんじゃない。」私がそう言うと、
ユータ君が「あ」と小さく声を出した。

当時幼稚園児だった息子も現在中3だ。
勉強とか生活面は(英語以外は)見るとイライラするから見ないことにしている。
朝、起こさないかぁ・・・・・半分の確率で自分で息子は起きてくるんだけれどな。
気の小さい私・・・・夏休みの夏期講習や朝稽古から「起こさない作戦」実行しようかな。
起こさない辛抱かぁぁぁ・・・・・・・・・・・・・。きついなぁ。


彼のお母さんがほかの保護者さんに話していたことを又聞きしたのだが、ユータ君そのうち、お米も自分で炊くようになって、
5合分のごはんで野球部仲間の分までおにぎりを握っていたそうだ。家で食べるコメより持っていかれるコメのほうが多かったらしい。

ユータ君は一人っ子です。

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

母親のための男子校ルール10

母親のための男子校ルール10:先輩たちの姿を信じるべし

止まない雨はない。

明けない夜はない。




文科系工芸系母と理工系父にはまったく経験がない体育会系部活。

塾の生徒からも彼らの母親からも体育会系部活の「理不尽」と表現される話を聞いてきた。

いじめとか体罰とか・・・・・そんな空恐ろしいことではないのだか、納得できない話が入ってきている。

息子が辛い立場に置かれているのだが、いじめや体罰ではないので、親が出る幕ではないと考えている。



止まない雨はない。

明けない夜はない。

そう唱えながら、息子の先輩たちの立派な姿を思い出す。
彼らが素晴らしい青年なのはこれを乗り越えてきたからゆえと信じるのだ。

部活の保護者懇親会でも「社会に出たら、いくらでも理不尽なことはあります。今から鍛えられておけば良いんです」とさらりとおっしゃった先輩お母さんがいた。


止まない雨はない。

明けない夜はない。

そう唱えながらも、地元の母友に愚痴ったら、「雪解けが早く来ると良いね」と励まされた。
思わず「融雪雪崩に巻き込まれているようだよ」と笑ってしまったが、関東も桜が咲きだした。

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

母親のための男子校ルール8

母親のための男子校ルール8:マグレとヘタレ

母友達から彼女の息子の報告だと聞いた話だ。

授業で「質問あるかぁ?」と訊いた先生に手を挙げて質問をしたちょっと成績不振の男子がいた。
「先生、なんでみんな同じ試験を受けてこの学校に入ってきたのに優秀な奴と出来ない奴がいるんですか?」



・・・・・・・・・




しばらくの沈黙ののちに先生はお答えになったそうだ。












「世の中には まぐれ ということがある」




     


     


本当にこの学校の先生たち大変指導熱心で面白いんだよねぇ。







私の塾の男子校生徒に多いのが へたれ

頭は悪くないのだが、根性がない。




面白いことに女子生徒は少ないのよね。
マグレとかヘタレとか一言で言い表せるタイプの子って。

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

母親のための男子校ルール・その7

母親のための男子校ルール・その7

呼び水効果

母親をウザがる息子から学校の話を聞き出すのにはちょっと苦労する。

保護者の懇親会では
「ね~。うちの子、変なことしていない?」
「ね~。うち子、問題おこしていない?」
「ね~。うちの子の話きいていない?」
という似たり寄ったりの上の句にまったく同じ下の句
「うちの子何も家で話さないのよ~」が続く。

我が家は呼び水効果で息子から話を聞き出す。
息子の学友のお母様からちょっと聞きかじった話を笑いながら
「ね~ね~、こんなことがあるんだって~?」というと色々と語り出してくれる。

ボキャ貧中学男子は何を母親が知りたがっているか分かっていないこともあると思う。
「どうなの?」と聞くとウザがられる。
だから、笑い話として誘い込む。

我が家はこれで成功している。

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と子育てと介助に追われる英語塾講師/ビーズ・デザイナーです。
ビーズ・ビルダー仲間募集中。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR