おがくずぬいぐるみ

先日、姉と初めて「骨董市」に出かけた。
色々と見て回って、よい思いも勉強になることも、
面白いことも、ちょっと不愉快なこともあった。

ここはなんでも100円という箱の売り場で、
もう良いものは(おそらく)買われてしまった後の、
ゴミのようなものの中から、
ゴミのような赤いうさぎのぬいぐるみを救出した。

ぬいぐるみなのに硬くてコロンとしている。
どういうものか知りたくて購入して帰宅した。

どうやら1950年頃に北関東で作られていたおがくずを詰めたぬいぐるみのようだ。

私の赤いうさぎはタグもなく有名なブランドものではないようだが、
アメリカに輸出されて一世を風靡したドリームペッツという
おがくずぬいぐるみがあると知った。
気になって本まで買っちゃったよ。

骨董の価値はわからない。
だから硬貨で購入できる生活骨董やらジャンクを購入して、
帰宅して検索を掛けてその品物の背景を知ることが今は一番楽しいのだ。

赤いうさぎのぬいぐるみはきれいにしておめかししてから
お披露目しましょう。

dreampets1.jpg

私はぬいぐるみの型紙も起こすのだが、
もう、これは想像を超えるバランスのある愛らしさ。
真似して作りたいよ。
(時間があればね)

スポンサーサイト

小さなトロール

trolls1.jpg

姉とアンティークショップやフリーマーケットに行くと、
同じものを気に入ってどっちが買う?ってことはしばしば。
このトロールは小さいものを集めている姉が購入。

2017roseinthegarden.jpg

庭では、モッコウバラが散ってバラが咲き始めた。

昭和ノスタルジア タイムカプセル2


三ッ沢散歩道17

雪の下が満開

TM4

 海岸で拾いたい。
TC10.jpg

TC9.jpg

あ。可愛い茶碗。
気が付かなかった(写真撮っているのにね。)

TC2

昭和ノスタルジア タイムカプセル 1

ネットで素敵なレトロなガラスの映像を検索していた。
とても素敵な店を見つけた。

TC1
(かわいいペロペロ。初めて本物を見た)

驚いた。
姉の家から徒歩で行けるところに、こんな素敵な店があるなんて。
姉も知らなかった。

TC8.jpg

アンティークショップって
敷居が高そうで、入りにくそうなイメージがあったが、

TC7.jpg

本当にガラスの器がお好きな店長さんは、
「海岸でペロペロを拾ったって人のブログを見たことがあるの。
本物を見たことがなかったの」という私に。
「見て、触っておくと見つかるかもしれませんから」と
ケースから出してくださった。

TC6.jpg

ペロペロって「食玩」の走りなんだね。
あめが入っていてペロペロ舐めたからが名前の由来だそうで、
あとはおままごと道具になったと読んだことがある。

TC3

お値段も良心的なお値段だった。
店長さんは穏やかで正直な方のようで、
傷や直しや古さなどポイントをちゃんと話してくださる。
安心して購入できるお店という印象を受けた。

お値段が張れば尚更だけど、安くても自分が気に入って購入したものに
「嘘」があるとがっかりするじゃない。

TC2

気に入ったあめや瓶があったのだけど、
まず、家に飾るケースを購入したいのよね。

時々遊びに行かせてもらおう。

ガラスの花束

お花のブローチ

夏らしい色合いのブローチが欲しくなって作ってみた。
小さなガラスの花束のブローチ。

カボションのネックレス1

カボションを使ったネックレス。



モチーフはわんわんシリーズを製作中。
sidetitleプロフィールsidetitle

SuzyHill

Author:SuzyHill
仕事と介護の合間に手芸をしたり、昭和レトロな食器を探したり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR